信州ふるさとテレワークとは

ふるさとテレワークの意義・定義

ふるさとテレワークは、総務省の「地方のポテンシャルを引き出すテレワークやWi-Fi等の活用に関する研究会」において提言された、地方への人の誘致を実現する(移住を促す)新たなテレワークの考え方です。

ふるさとテレワークの定義は、以下のとおりです。

  • いつもの仕事をどこにいてもできるよう、バーチャルオフィス等の孤独感を感じさせないツールを活用し、地方へU ターン(I ターン)しても、自宅やサテライトオフィス/テレワークセンターでの就労を可能とする雇用型・自営型テレワーク
  • ふるさとテレワークは、「週1、2 日、限られた人が限られた期間のみ行う」という従来の限定的なものではなく、いつもの仕事がどこでもでき、東京などの都市部の仕事をそのまま地方で続けられるという、テレワーク本来の特性を最大限引き出すものです。
  • ふるさとテレワークは、地方への人の誘致による東京一極集中の解消というパラダイムシフトを実現し、地方創生の先行的実施をまさに実現するものと位置付けられます。

ふるさとテレワークの類型

ふるさとテレワークの形態は、テレワーク導入により地方に誘致(移住)する対象となる人材や業務内容等により、以下の図のとおり類型化されます。

各市町村の魅力